鋼管杭について

狭小地に長けた鋼管杭の施工、
SGE工法・NSエコパイル・エコスパイラル工法を取り扱っています。

足下を支える技術、鋼管杭とは?

軟弱地盤、臨海地帯での大規模な建設工事や海洋土木工事の増加にともない、耐震構造の重要性がこれまで以上に問われる現在、基礎杭にも大きな耐力や施工性、信頼性が必要とされるようになりました。
そうした要求にお応えするのがクボタ・新日鉄住金エンジニアリングの鋼管杭です。
鋼管杭は強度、耐震性に優れており、信頼度の高い基礎の構築ができ、基礎杭から土留壁まで多方面に利用されています。京阪神商事ではSGE工法・NSエコパイル工法を始め泥水・残土などの産業廃棄物や、騒音・振動などの問題を解決し、高支持力、高耐震性、低コスト、短工期を実現する次世代の杭工法を取り扱っています。


クボタの鋼管事業部サイトを詳しく見る
新日鉄住金エンジニアリングの鋼構造事業部サイトを詳しく見る

このページのトップへ